コナン【警察学校編】松田編1話のネタバレ感想(ゼロの日常)|サンデー44号を無料で読む方法

警察学校組編 いつから ゼロの日常

2019年10月2日発売の週刊少年サンデー44号に掲載されている、名探偵コナン【警察学校編】の『松田編』1話のネタバレ感想気になりますよね?

1年ほど前から「警察学校編やるよ~」と神の御達しがあってから、今日まで本当に長かった!(笑)

ゼロの日常でのスピンオフかと思いきや、警察学校編というゼロの日常とはまたちょっと別のお話になるのかな?

でも、作画はゼロティの荒井先生が担当するので、区別が良く分かりませんが、さっそく警察学校編~松田編~1話のネタバレにいってみましょう☆

ここから先は、ネタバレを含むので閲覧注意です!!!

スポンサーリンク



名探偵コナン警察学校編のあらすじ

『警察学校編』とは名探偵コナンで人気のキャラクター安室透(本名:降谷零)が、若かりし頃半年間通った警察学校時代のお話です。

そこで出会ったのが同期の、

  • 元警視庁刑事部捜査一課強行犯三係で、爆弾処理のスペシャリストの「松田陣平」
  • 元警視庁警備部機動隊員で、松田と親友の「荻原研二」
  • 元警視庁刑事部捜査一課強行犯三係で、高木刑事の教育係であった「伊達航」
  • 元警視庁公安部で、安室のお馴染みの「諸伏景光(スコッチ)」
そして降谷零の警察学校同期5人の物語です。

今回3話にわたり【松田編】が解禁になります!

松田陣平と降谷零は喧嘩仲間といった間柄。

馬が合わないけれど、それでも信頼しあっている2人なんだろうな…というのは映画『純黒の悪夢(ナイトメア)』でも感じました。

いったいどんな警察学校時代を送ってきたのかとても気になります!

早速、名探偵コナン警察学校編【松田編】1話のネタバレに行ってみましょう~☆

スポンサーリンク




名探偵コナン警察学校編【松田編】1話のネタバレ

<2019年10月2日発売のサンデー44号にて掲載>

CASE.1【竜虎相搏(りゅうこそうはく)】

舞台は夜の警視庁警察学校。

桜が舞い散る中、敷地内では降谷零(20歳)と松田陣平(20歳)が殴り合っていました。

何がきっかけかは謎ですが、双方譲らない戦いの中、松田がペッと折れた歯のような物を口から吐き出しました。

物語はここから始まります。

喧嘩の理由

殴り合いの理由は、どうやら松田が降谷のことを気に食わないということ。

どうしても警察官になりたい!!という降谷の根性が気に入らないというのです。

松田も警察になるために警察学校に入っているのにどうしてなのでしょう?

なかなか決着のつかない殴り合いは続いていきます。

スコッチが見た悪夢

警察学校の144号室には、諸伏景光(22)が寝ていました。

小さい頃、目の前で両親が殺される夢を見ていました。

押入れの隙間から殺害を見ていた景光は、犯人に見つかり驚いたところで目を覚まします。

時間は夜中2時。ふと扉をノックする音が聞こえます。

ドアを開ける景光。そこには降谷が壁にもたれかかっていました。

どうやら松田との喧嘩で負傷した傷の手当てをしようと、景光に絆創膏を貰いに来たようです。

心配そうに傷の様子をうかがう景光でしたが、次第に喧嘩の相手に興味が出てきたのか、その人物と仲良くやっていけそうか?と降谷に尋ねます。

冗談だろ…と答える降谷。

景光は医務室から薬箱をとってくると言い走り去っていきました。

朝礼にて

降谷や松田達、同期5人組の教官を務めるのは、初任科鬼塚教場教官・鬼塚八蔵(おにづかはちぞう)でした。

鬼塚教官は降谷と松田の顔を見て、何があったのか尋ねようとしますが、機転の利いた伊達航(22)が自分の部屋に出たゴキブリを退治するために2人がケガをしてしまったと嘘を付くのでした。

そして伊達は学校の備品に傷をつけてしまった責任をとるために、5人みんなで一周多く回ってきます!とランニングを始めました。

走り込みの最中、萩原が松田に「男前が台無しじゃねぇか、差し歯まで抜かれてウケる~」と松田をからかいます。

どうやら松田の父親はプロボクサーのようで、その父親に技を仕込まれているにも関わらず、同等に張り合った降谷に興味が湧いたようです。

ここでどちらが喧嘩に勝ったのか再び揉めそうになったところで、伊達が間に割って入り、次は俺も混ぜろと二人と肩を組むのでした。

そんな時、鬼塚教官らが、降谷、松田、諸伏、伊達、萩原の5人について厄介な連中を引き受けてしまったと、後悔していました。

教官らは5人について次のように彼らを評価していました。

        • 降谷は全科目オールA。長い警察学校の歴史の中でも類まれに見ない抜群の成績で入校。真面目すぎる性格と頭髪のせいで他の生徒とのイザコザも多い。
        • 諸伏は兄が長野県警であり、正義感も強い。しかし今も両親の事件でトラウマを抱えている。
        • 伊達は降谷に次いで総合力No2でリーダーシップがある。警察官だった父親の辞職を引きずっている
        • 萩原は優れた洞察力とコミュニケーション能力を持っている。そのスキルを女子学生の尻を追い回す事にしか使っていない。
        • 松田は面接のマイナスを学科や実技や高いレベルの専門知識でカバーするも、傍若無人で協調性の無さが致命的。